体脂肪 食事

食事で体脂肪を減らすことはできる?

ダイエットの大敵となるのが、身体のあちこちに蓄積された体脂肪です。

 

メリハリのあるキレイなボディラインを作り上げるには、この体脂肪を撃退することが非常に重要になってきます。

 

でも、一度できてしまった体脂肪を落とすのはとても大変なことですので、できれば始めから体脂肪を作らない方法をとりたいですよね。

 

そこで重要になってくるのは食事です。

 

食事に気をつけるだけで、体脂肪を溜めず、さらには減らすことだって可能なんです。

 

そんなダイエットに効果的な食事について、詳しく調べていきましょう!

 

ダイエットには和食が最適!

 

人間の体に必要な3大栄養素は、炭水化物・タンパク質・脂肪です。

 

和食・現代の日本食・ファストフードを比較したところ、和食が最も栄養バランスが整っているという結果が出てきました。

 

現代の日本食では炭水化物の割合が多く、ファストフードでは脂肪の割合が多い傾向にあります。

 

和食の一汁三菜を基本とした食事は、高タンパクで低カロリーなメニューが多く、まさにダイエット中の理想の食事と言えるでしょう。

 

また、主食である米は、どんなおかずにも合い腹持ちが良いのが大きな特徴です。

 

パンに比べてタンパク質のバランスが良く脂肪分も少ないため、健康的に痩せるためにはピッタリの主食ですね。

 

低カロリー食材を上手く取り入れよう!

 

ビタミン・ミネラル・食物繊維は、ダイエットに限らず美容や健康にも必要不可欠な栄養素です。

 

これらの栄養素は積極的にどんどん摂取していくことが大切です。

 

また、嬉しいことにこれらの栄養素は低カロリー食材に多く含まれているので、ダイエット中でもあまり気にせずに食べることができますね。

 

きのこ類

 

カロリーはほとんどゼロに近く、食物繊維が非常に豊富な万能低カロリー食材です。

 

香りも豊かでどんな料理にも取り入れやすいので、ダイエット中でも飽きずにいろんな料理を試せそうですね。

 

海藻類

 

食物繊維に加え、ミネラルも豊富に含まれているのが特徴です。

 

わかめにはカルシウム、ひじきには鉄分とカルシウム、昆布にはコレステロールを下げるアルギン酸が含まれています。

 

こんにゃく

 

コンニャクイモを原料とし、7割が水分でできています。

 

食事のカロリーを抑えて満腹感を得たい時にオススメの食材です。

 

幹物

 

切干大根、高野豆腐、ひじき、干ししいたけなどが挙げられます。

 

生の状態よりも栄養価がアップしていて食物繊維も豊富です。

 

保存できるので買い置き食材として活躍しそうですね。

 

野菜

 

ご飯や肉・魚では補いきれないビタミンやミネラルがたっぷりと含まれています。

 

カロリーも低く季節によって旬な野菜が食べられるので、ダイエット中の食事を彩るには欠かせない食材です。

 

食事の体脂肪への効果まとめ

 

食事は、体脂肪の蓄積や消費にとても重要な関わりがあることがわかりましたね。

 

ただ食事制限をするのではなく、食事の内容を充実させて健康的に体脂肪を落とす方法をとることが大切です。

 

普段の食事をもう一度見直し、栄養バランスを考えたヘルシーな食生活を心掛けていきましょう!