痩せたい 挫折

挫折よサラバ!痩せたいけれど続かない方へ

痩せたいんだけれど挫折続きで、もう自信がない…そんな人もいると思います。痩せたい!いざダイエット!と意気込んではじめてみたのはいいものの、シーズン的に飲み会続きで食事制限がままならず挫折、嫌なことがあって暴飲暴食に走り挫折……なんて経験は誰にでもあるでしょう。

 

そもそも人間は生命を維持するために、食べることから快楽を得るようにできているのですから、痩せたいというダイエットとは人間の本能に反しているのですよね。だからどうしてもいつか辛い局面がきてしまう。でも、そのたびにやめてしまったら、永遠に理想の自分には出会えません。どうすれば挫折しないでダイエットを続けられるのでしょうか。

 

「痩せたい」なんていっているうちはダメ!

 

まず、「痩せたい」という気弱な発言はやめましょう。たとえ心の中であってもです。言い切れない時は自信がない時、自分に逃げ道を作っている時です。「私は痩せるんだ」と決意しましょう。自分に言い切るのです。するとマインドが変わります。

 

目標設定は大中小

 

「痩せたい」ではなく「痩せる」と決意します。すると、「○○までに○キロ」など、明確な目標を立てることができます。例えば「3ヵ月後の同窓会までに約10キロ痩せる」というふうに決める、これが「大きな(遠い)目標」です。

 

ゴール地点がはっきりすると、人は行動を起こしやすくなります。大きな目標が立ったら、逆算し、今の自分に照らして考えます。「3ヶ月後の同窓会までに約10キロ痩せるには、1ヶ月約3キロちょっとずつ落とせばいい」ということがわかります。「1ヶ月約3キロ」、これが「中くらいの目標」になります。

 

次に具体的な道筋を考えていきます。「1キロ落とすのに7000キロカロリー減らす必要があるのだから、3キロ落とすには21000キロカロリー、30日で割ると1日700キロカロリー抑えればいいのか」ということが見えてきます「1日700キロカロリー減」これが「小さな(近い)目標」です。

 

なぜ大中小の目標を立てるのでしょうか。やみくもに「10キロ痩せる」というと、大変な感じがしませんか?始める前から挫折することが目に見えるようです。だって難しそうなんだもん!でも、「1日700キロカロリー減らす」というのはどうでしょう。

 

細かな目標設定をした場合どうなるか

 

「いつも食べている大好きなメロンパンが500キロカロリー!じゃあ、これ食べるのやめておにぎりにしてみよう。鮭ならタンパク質もとれるかな。カロリーは……190キロカロリーだって。メロンパンより300キロカロリー近く減らせた!!大まかなカロリーを知るのにこのアプリをダウンロードしておこう。運動ごとの消費カロリーを教えてくれるところもある!これもダウンロードして、と」。……

 

減らすカロリーの値がはっきりしたことで、具体的な行動ができていますね。700キロカロリーの削減も何だかできそうな気がしてきませんか?そして、1日の終りに今日を振り返って、達成できたとわかると喜びと充実感が湧いてくるはずです。この気持ちが、ダイエットを続ける原動力になるのです。

 

1日の目標設定クリアが積み重ねられると、1ヶ月はあっという間です。1ヵ月後の体重が目標通り3キロ減っていたら、喜びもひとしお。更に1日、1日と継続ができれば、3ヶ月目には目標達成!できそうですよね。達成感と喜びの良いサイクルが、挫折しらずのダイエットを支えてくれるはずです。

 

痩せたいけれど挫折ばかりしているという人は

 

@痩せたいではなく「痩せる!」と決意する

 

A目標設定は大中小とし、小さな達成感を積み重ねる

 

これで挫折とはサヨナラできるはずです。どうぞ試してみてくださいね