痩せたい 3キロ

3キロ痩せたいという人へ朗報!?

「あー痩せたい!」「ダイエットしなきゃ」……こんな会話、よく耳にしますよね。テレビやネット、雑誌の企画でもダイエットがよく取り上げられていることからもわかるように、痩せたいと思っている方は多いものです。

 

中でも「とりあえず3キロ痩せたい」という声がよく聞かれます。1〜2キロの体重減というのは水分量などで変わってくる、いわば誤差の範疇なので、3キロ落とせれば本物、というところもありますね。

 

「3キロ痩せたい」という中には2通りの方がいるようです。

 

  • 肥満というわけではないと思うが、お腹ポッコリ、太腿ムチムチ、二の腕タプタプなど自分なりに気になるところがあって「とりあえず3キロ痩せたい」と思っている
  •  

  • 明らかに肥満だと思うけれど、いきなり10キロ減量!なんて思うとあまりにもハードルが高いので「まずは3キロ痩せたい」と思っている

 

どちらのタイプにせよ、痩せたい気持ちは同じ、そして方法論も基本的には同じです。

 

3キロ痩せるにはどうすれば良い?

 

@ダイエットの基本

 

痩せるための鉄則は、とにかく「消費カロリー>摂取カロリー」となるようにすることです。つまり消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らす、ということですね。

 

消費カロリーを増やすといっても、急にスポーツを始めるのは大変ですし、動いた割には消費カロリー数が少なくガッカリすることもあります。

 

なので、運動だけをしてやせようというのは現実的ではなく、同時に摂取カロリーをいかにコントロールするかという部分が重要になってきます。

 

Aカロリーを知りましょう

 

まず、人間には内臓を動かすなどの生命維持のために最低限必要なカロリーがあることは覚えておいてください。

 

寝たきりのお年寄りでも1日1200キロカロリーは必要といわれています。間違っても「1日1食で短期決戦!」なんて思わないでくださいね。

 

健康を損なわないダイエットのペースとしては、1ヶ月につき体重の5パーセント以内というのが理想です。

 

体重50キロの人は2.5キロ以内、60キロの人は3キロ以内ということですね。一般的には1キロ痩せるために約7000キロカロリーを減らす必要があります。

 

1ヶ月で3キロ痩せたければ、21000キロカロリー減らすことになり、30日で割ると1日あたり700キロカロリー抑えることになります。

 

B摂取カロリーを減らすには?

 

食事を減らす!と意気込む前に、まず自分の生活を素直に見直してみましょう。

 

家にお菓子やジュースを常備していませんか?食後に甘いものを食べるのが習慣になっていませんか?

 

コーヒーや紅茶にいつもミルクや砂糖を入れていませんか?

 

子どもの食べ残しを「もったいない」精神で口に入れていませんか?

 

映画を見たり読書をしたりする時、手元に飲み物やつまめる物を用意していませんか?

 

冷蔵庫を開けるたびに、つまみ食いをしていませんか?お菓子やパンの新製品を見るとつい試しに買っていませんか?

 

こうした小さな積み重ねが、意外に大きなカロリーとなって体に蓄積されています。

 

まず間食を控えること、コーヒーなどはブラックで飲むようにすること、そして習慣になっている「ながら食べ」をやめるだけでも1ヶ月でかなり摂取カロリーを抑えることができているはずです。

 

Cカロリーを意識するだけで変われる

 

食事に関しては、カロリーに意識的になることが大切です。何気なく食べているものでも意外に高カロリーというものは多いんです。

 

今はスマホで簡単にカロリーを調べることができますから、よく食べるもののおおよそのカロリーを知っておくと役に立ちますよ。

 

カロリーを知ると食べたくなくなるものも出てくるかもしれません(笑)。また、揚げ物や炭水化物を控えることも効果的です。

 

ただ、炭水化物を完全にとらないのは健康的には勧められませんので、量を調整するようにしてくださいね。

 

「3キロ痩せたい!」という人へのまとめ

 

とりあえず3キロ痩せたい人は、生活習慣を見直して自分の「クセ」を知り、カロリーに関して意識的になるよう心がけてください。

 

その上で、目的地の最寄り駅より1駅手前で降りて歩くようにする、エレベーターでなく階段を使うようにする、朝や昼休みにラジオ体操を真面目にやる、など少しの運動を取り入れてみましょう。

 

運動により消費カロリーが増えるだけでなく、筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、痩せやすい体に近づいていきますよ。