ビアンコロール 成分

ビアンコロールには危険な成分が配合されている?

1度飲用すれば効果は抜群、リピートして購入する必要もないというビアンコロール。

 

いったいどんな成分を配合すれば、そんな自信まんまんの痩せ薬ができるのでしょうか。

 

その秘密はホワイトキドニービーンという成分にあるようですが、以前は痩せすぎて苦情が殺到したと言われています。

 

そんなホワイトキドニービーンが配合されているビアンコロール、本当に安全なのでしょうか。

 

ビアンコロールの主な成分とその働き、その成分が安全なのかどうかを検証してみました。

 

ホワイトキドニービーンの効果

 

ビアンコロールのダイエット効果を発揮する成分は、ホワイトキドニービーンという成分です。

 

どんなに食べ物を食べても痩せるという神秘の粉として注目を集めた成分ですが、以前はとんでもない事態を引き起こしました。

 

痩せすぎてげっそりした、入院するほどになってしまったという苦情が殺到したそうです。

 

このホワイトキドニービーンは血糖値やコレステロールの低下、中性脂肪を減らしたり、脂肪が体内に取り込まれるのを防いだりする効果があります。

 

この粉を1g摂取するだけで、約2370キロカロリーの脂肪を除去するのだそう。

 

ビアンコロールは同じような問題を起こさないために、このホワイトキドニーを採り過ぎないよう、調整して作られています。

 

1日の目安は1〜2粒なので、摂取量は必ず守りましょう。

 

さらにダイエット効果を高める成分を配合!

 

ビアンコロールはさらに、新しく成分を追加しました。

 

追加配合されたレスベラトロールという成分は、ポリフェノールの一種。

 

過酸化脂肪を分解するという、頼もしい効果を持っています。

 

また、最近注目されているアサイーも追加配合されました。

 

アサイーを使った商品はよく見かけるので、効果をご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

アサイーに含まれるアミノ酸には、基礎代謝を高めて脂肪を燃焼させる働きがあります。

 

痩せやすく、太りにくい体質に導いてくれるというわけです。

 

ホワイトキドニービーンだけでも効果に期待はできそうですが、これだけ揃うとより頼もしいですね。

 

ビアンコロール、ダイエット効果は間違いなさそうです。

 

ビアンコロールの成分まとめ

 

ホワイトキドニービーンは問題を起こした成分ですが、ビアンコロールは過剰に摂取できないように錠剤になっています。

 

追加配合された成分にも、危険なにおいはしないようです。

 

摂取量さえきちんと守れば、ビアンコロールの成分は安心だと言えますね。

 

アサイーの効果のおかげでしょうか、口コミには「血行がよくなったので肌も調子が良くなった」という声も見られました。

 

ビアンコロールの公式サイトには、成分はもちろん、そういった口コミもチェックすることができます。

 

目標体重によりお得なまとめ買いもできるので、ビアンコロールで減量を考えている方はチェック必須ですよ!

 

>>ビアンコロール(Biancorole)の詳細はコチラ